東京都港区で賃貸マンション・不動産屋をお探しの方へ

港区の賃貸マンション・不動産|ご物件リクエストで新着情報をスピード配信! 株式会社TEPは都心(港区・中央区)をメインに不動産売買・賃貸の仲介を行っている不動産屋です。条件にマッチする物件を探す物件リクエストが人気です。

不動産コラム

女性のためのマンション購入 HOW TO

そのマンションは本当に貴女にとって一番良いマンションですか? 

マンションを購入する際に売主は当然良いことを中心に説明致します。モデルルームを見学し、綺麗なものを見ると購入意欲は一気に加速しますよね。

しかし貴女の検討しているマンションは果たして貴女にとって一番良いものなのでしょうか?しっかりデメリットも把握して契約されてますか?

私達はお客様のご希望に合ったものは他社物件問わず、全てご紹介させて頂いております。そして貴女と一緒に考え、検討し物件を決めることができればと弊社は考えております。

他社で新築物件の購入を考えてる方。中古物件を検討されている方。
契約する前に是非とも一度弊社にお問い合わせ下さい。
完全無料でその物件の調査を致します。
そして弊社の分譲マンション購入サポートシステムを利用することにより、より安くその物件を購入できるかもしれません
心よりご相談お待ち申し上げております。

なぜ不動産を購入する女性が増えているのか・・・

「ずっと家賃を払い続けるの?」「住まいを借りる?それとも、購入する?」「私にはマンションが購入できるの?」「購入するには、どんなことから始めたらいいの?」… 
住まいに関する漠然とした不安を抱いている女性も多いはず。

この頃の女性のライフスタイルは、高学歴化、女性の自立化から選択の幅が広がってまいりました。自立する女性が多くなっていることの社会背景をもとに、女性が自分でマンションを購入するケースが多くなっています。現在賃貸に住まわれている人で、毎月支払う家賃をもったいないと思わない人はまずいないでしょう。年をとっても家賃を支払い続けるのかという漠然とした不安を抱えていると思います。

分の住まいを購入することは「住まいに対する不安」を解消することになり、人生を支えてくれる大切な「資産」となります。購入することによって家賃として支払っていた費用が、住宅ローンの返済へと形を変えます。住宅に関する支払いがこれまでただ支払うだけだったものから、「自分のものになる」という自分のための支払に変わるのです。
万一、ライフスタイル・生活環境の変化で使用しなくなるなら賃貸に出して、その賃料を住宅ローンに充当する工夫もできます。
結婚した夫婦の3組に1組以上は離婚をしている時代です。結婚後、仕事を辞め、出産をし、離婚をしますとなった時、お金も住む家もキャリアもない、ということが現状では多く見られるのです。自分らしく生きるために自分の「資産」を持つことはとても大切なことなのです。
不動産を購入された女性の多くが感じることは、「老後の暮らしの不安が消えた」「自分の場所ができた」「好きなように部屋を造れるのがうれしい」ということです。

うひとつ住まいの考え方として、ずっと賃貸でもという方もあります。
賃貸全般に言えるのは、ずっと住み続けなくて良い、ローンを支払い続けなくても良いという精神的プレッシャーが少なく、気楽に住めるというのが最大の利点ではないかと思います。賃貸でゆっくりと永住場所を探していくのも一つの方法ではないでしょうか。賃貸には選択肢がたくさんあります。

購入も賃貸もそれぞれにメリットとデメリットがあります。 あなたにとってどちらがふさわしいか下記を参考に考えてみて下さい。

賃貸のメリットとデメリット
家族の人数や勤務先にあった住居に気軽に転居できる
× 2年おきに更新料がかかる、また転居のたびに敷金・礼金がかかる
× 退職後・老後に住居費がかかる
購入のメリット・デメリット
老後、退職後に住宅費の心配がなくなる
リフォームや内装の変更などが気軽にできる
× 気軽に住み替えできなくなる

住まいを購入するか、賃貸にするか、どちらが正しいという答えはありません。
あくまでもその人の考え方やライフスタイルに基づくものです。
あなたのライフプランにあった住まいを選ぶことが最も大切なことです。

安心な物件選びのポイント

住み替えられる不動産購入を

女性が購入する不動産としては、ライフスタイルの変化によって住み替えるというスタイルが望ましく、マンションが扱いやすくてお勧めです。
戸建は建物のメンテナンスの手間や費用がかかりますし、貸し出す場合や売却する可能性があることを考えても、マンションに比べて時間がかかることが多いです。
そのためには、有利な条件で売却できる、または賃貸に出せるマンションであることを、購入する時から考えて物件を選ぶ必要があります。

ここで重要なことは十分な知識を持って、自分に合った物件を購入しなければならないということです。つまり、自分のライフスタイルにあっているということです。
まず重要なことは住宅ローンの支払い金額が何があっても自分で支払える金額であることです。自分で返済できそうな住宅ローンの金額から、購入物件の予算を決めましょう。

多くのひとり暮らしの女性が好むのは広めの1Kもしくは1LDKタイプです。
そしてライフスタイルが変っても対応できるように、財産として価値のある不動産、都心の駅に近い物件がおすすめです。

不動産の魅力~上手な購入方法

女性には女性の購入方法があります。女性の場合、収入のピークは30代前半です。男性と違い、多くの場合収入の上昇が見込めないのです。女性は30歳前後の収入に合わせた資産の形成をプランニングする必要があります。そしてこのときの収入をピークとして住宅ローンを検討する必要があります。
女性の勤務形態は、正社員・契約社員・派遣社員など、男性に比べて、多岐にわたっています。また、結婚や出産によっても、生活や働き方を変えなければならないことが多く、この結婚や出産を経た後、再びシングルに戻ると、またまた生活や働き方が変わります。

30代で自分の不動産を所有することは、一番収入の多いときを使って、住宅ローンを返済していくことができるのです。ボーナスのある人はそれを使って繰り上げ返済をし、なるべく早くローンを支払い終えるや支払い負担を軽減することが可能なのです。

不動産の購入には大きな金額のお金が動きます。ここで計画を誤ると人生を左右する大きな問題を引き起こしかねません。無理のない返済をしていくために慎重に計画を立てることが大切です。まず最初に購入のための「資金計画」を立てることからはじめましょう。

女性のマンション購入の際、これだけは押さえておきたい

上記の事を整理致しますと、次の事は購入の際に必ず押さえておいた方がいいと思います。

将来、結婚等でライフスタイルが変化した際に貸せる・売れるマンションであること。
文章だけ見ると簡単に見えますがこれが一番重要且つ難しいことです。検討しているマンションが本当に将来貸しやすいのか、売却しやすいのか、心配になりますよね。分譲会社は基本的に販売物件の事を悪くはいいません。そこで次のポイントは必ず確認して下さい。
①駅徒歩5分以内であるか
 駅徒歩5分を超えると将来賃貸に出した場合、数多くの物件と競業することになります。 現在の経済状況を考えると家賃の値下げ合戦が起こり、希望の賃料で貸せなくなる可能 性が出てきます。

②検討物件の周辺環境
 駅近という利便性はシングル向けのマンションでは一番重要なことかと思いますが、  便利でも、雑居ビルに囲まれている、高速道路などの騒音、排気ガス等、懸念材料が多 い場合、再検討が必要な場合があります。

③人気路線(エリア)であるか
 どんな物件でも’通勤に便利’等の交通利便性はうたってるかと思います。東京都であ れば、どの路線を利用しても30分もあれば都心に行くことができます。同じ30分でも人 気路線(エリア)であれば良いのですが、マンションの流通頻度が低いエリアでは将来 の賃貸・売買に苦労することになります。

④価格
 価格は当然重要です。検討物件が周辺と比べてどうか。中古物件の価格はどうか等は必 ずチェックしておきましょう。マンションの場合、安いけど品質は最高というのはなか なかございませんが、相場より高いけど、品質はそこそこというのは結構あるもので  す。相場を把握することは重要です。

その他のポイントとして、販売会社、施工会社、セキュリティー、設備に充実さ、お部屋の仕様等も考えなくてはいけません。

以上の事を1人で判断するのは相当な労力がいるかと思います。しかも現在の経済事情からマンションも’値切り(価格交渉)’ができる時代です。1人で価格交渉なんてどうすればいいんだろう?と思いますよね。そこで弊社では女性の方が安心して購入いただけるよう専門のコンサルタントが無聊相談を行っております。弊社が仲介する物件ではなく、他社の新築物件・中古物件でも弊社の分譲マンション購入サポートシステムをお使い頂ければ、マンション購入をしっかりサポートし、より安心したマンション購入を行うことができると思います。
まずは一度ご連絡下さいませ。是非ともお待ち致しております。

  このページのトップへ戻る

不動産コラム一覧のページへ

現在地:トップページ不動産コラム